レーザーを使った脱毛は体に悪影響はあるのか

レーザーを使った脱毛は体に悪影響はあるのか

今は脱毛というとエステサロンでは光脱毛、クリニックなどの医療機関では医療用レーザー脱毛が一般的ですが出力などの違いはあるとはいえ、どちらもレーザーを使った施術になります。

 

しかし、そこで気になるのはレーザーによる施術は体にどのような影響があるのかということです。妊娠している方は避けたほうが良いというのを見ると、妊娠していなくても何らかの影響があるのではと心配する人もいるでしょう。施術に使用されるレーザーは赤外線によるものです。

 

紫外線とは違い、赤外線は暖房器具などにも使用されていますので体に悪影響を与える心配はありません。毛根を死滅させるぐらいの強い力を持っていると聞くとなにか怖いもののように感じますが、それはあくまで肌の表面だけなので体の奥まで影響を与えるようなことは無いのです。

 

では、何故妊娠している方は避けたほうが良いかというと、体の内部には影響はないものの肌の表面は赤外線により傷が付く恐れがあります。

 

勿論、しっかしとした基準があって体に影響が出ないように出力は調整されていますが毛根以外にも多少のダメージがあることも少なくないのです。

 

健康な人ならその後にしっかりとしたアフターケアを行なうことで健康上何の問題もありませんが、妊娠している方の場合には大事をとって脱毛をひかえてもらっているというわけなのです。

 

どうしても体への影響が気になるという方は、アフターケアがしっかりしている医療機関や医療機関と提携しているエステサロンを利用すると良いでしょう。